エコタウンとは

つなぐ力

エコタウン事業とは、地域の振興及び地域の独自性をふまえ、資源のリサイクル・廃棄物の発生抑制を通じた環境調和型まちづくりを推進する事業です。

ある産業の副産物や廃棄物を別の産業において有効利用することにより、社会全体で資源を循環させる、トータルで廃棄物をゼロにしようとする「ゼロエミッション」を基本構想としています。

エコタウン

あおもりエコタウンの特徴

あおもりエコタウンでは、地域のリサイクル資源の循環による自然還元システムの構築を通じて、環境リサイクル産業の振興と自然環境の保全・再生を目指しています。

プランの中核となる八戸市では、臨海部を中心に多様な基礎素材型産業の集積が進められ、平成14年の「あおもりエコタウンプラン」の承認を契機として資源リサイクル関連の施設の整備を進め、生活・産業活動から発生する様々な廃棄物を安全・低コストで再資源化することが可能となり、国内でも珍しい、最終処分場へ廃棄物を排出しない「ゼロエミッションシステム」が完成しました。

今後の「あおもりエコタウン事業」の展開方針

エコタウン企業連携推進委員会の設置及び運営
あおもりエコタウンの情報発信
事業者間の連携等
青森県内廃棄物処理事業者との連携
青森県外廃棄物処理業者等との連携
青森県内自治体等との連携
産業廃棄物の有用化プロジェクト
工業用水浄化汚泥の肥料化
スラグの肥料化等の有価物化
スラグを利用したスポーツ公園の整備
シップリサイクル
中小型家電のリサイクル
食品廃棄物の肥料化
電池等のリサイクル
エネルギー資源の有用化プロジェクト
スラグ顕熱の回収利用